よみがえれ、足し算ゾンビ

06-06,2022

私のスマホアプリ「足し算ゾンビ」が、
Google playと、Apple App Storeの両方から削除されて、
久しく経つこんにち、
私は何を思い立ったか、彼の蘇生手術に着手し始めた・・・というのが先週でした。

数億年ぶりに、Unityをインストールし、
ソースを再構築する所からスタート。

まずはAndroid版から蘇生しようとしましたが、
Google Admob いわゆるGoogle広告周りで、1週間奮闘しました。

あと恐らくだけど、Unityの最新の安定板Unity2021と、
Google Admob 広告プレースメントのSDKと、
Windows11のセキュリティ周りとの関係に、バグがあると思われ、
それも苦悩の1つでした。
結局それは、1つまえのUnity2020を導入することで、対応しました。

・・・そして、見事Androidは、復活を遂げたと思われます。
Androidの動く実機が手元にないのも、1週間もかかった原因の1つでしょう。


そして、今週はいよいよiOS版の蘇生手術に入りました。
まずは私の古きMac book airに、Unity2020を入れる所から。

インストールは容易でしたが、
Win環境との同期のためのシステムCollaborateがUNITYが買収したPlasticSCMに
勝手に移行されていて、
その自動移行から何故か漏れている「足し算ゾンビ」を、手動で移行させるのに
丸一日かかり、

その後、いよいよビルドとなったのですが、
案の定iOS13以前のアプリは受けつけませんよ、といういつもの高飛車Apple様。
iOS14以上をビルドするためには、XCODE13が必要。
そこでXCODE13にアップデートしようとすると、
あなたのOSでは、XCODE13をインストールできませんよ、と更に威圧され、
はぁはぁー-すみませんでしたあああ、と平謝りで、
Mac OSをアップデートしようとすると、
アップデートには、38ギガの空きが必要ですが、
あなたのMacは15ギガしか空きがないので、ダウンロードできませんよ、と言われ、
もう消すものがないという所までファイルを消しまくり、
なんとか残り5GBくらまでいって、
しかしもう本当に消すものが・・・
と悩み、
よし、UNITYと、Google Chromeを消そう!!!!
と何か本末転倒的のような気もしたけど、まあそれらを消したからギリギリ38GB空いたので、
そこから2時間くらいかけて、OSをアップデート!!!!!!!

そしていよいよXCODEをアップデートしようとしたのですが、
XCODEアップデート押しても永久にくるくるし続けるいつもの問題が発生し、
続きはまた明日。

今ここまでです。

足し算ゾンビよ!!!!!
ゾンビのように何度でもよみがえるのだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ff

05-29,2022



コーラがおいしい季節!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






てててててて

05-22,2022

てててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててて

おふれぽ ウォーキングオフ

04-10,2022

今日は3おくねんぶりに、ウォーキングオフ。
でるまさんが主催してくれたおかげで、気持ちの良い運動をできました。

コロナ前の3おくねんまえ以前からオフであそんでくれていた人とも会えたし
コロナ以後のオフで会うようになった人とも会えたし
ぼんぼんばーくんやたつなみさんと会えたのもよかったです。

のどかな川沿いを淡々と歩いて、
空の下でごはんたべるだけでシンプルに楽しい。

たった4時間くらいのオフでしたが、
10時間くらい楽しんだくらいの満足感も。

夏日のようにあつかったので、
両腕真っ赤に日焼けしたのが、痛気持ち良く、
日焼けの疲労感がなんか懐かしく、


これはもっと日焼けして、もっと動きたい!!!!!!!!!!!!!!!!





DELPHI Tmediaplayer MCIデバイスの問題

04-04,2022

自分への覚書と、
この時代にDELPHI 3.0という古代の開発環境を使っている
世界で数人しかいないだろう人たちのために、記します。

DELPHIでTmediaplayerを使用する時、
曲をロードしてOPENなどをすると、MCIデバイスが自動的に開きますが、
曲をなにも再生させない状態では、MCIデバイスが存在していない状態になります。

この状態の時、
なぜかは分かりませんが、負荷が発生します。

たとえばDelphiXのDirectXにおける、DXTimerコンポーネントが、
正しいFPSを実現できなくなるようです。


もしかして、SLEEPコマンドや
application.process関係かもしれません。

あるいは、
DirectDrawと、mediaplayとの相性かもしれません。

あるいは、
DirectX系は無関係で、
スレッド系とMediaplayerとの問題かもしれません。


なんにせよ、
「Tmediaplayerが使用されているのに、MCIデバイスが存在していない状態」というのが、
Windowsプログラムとして、何かしらの不都合を発生させるようです。

これがDELPHIのバグなのか、Mediaplayerとの相性の問題なのか、
そこまでは分かりませんが、確実に再現できる問題として確認できました。


ちなみに、Windows7でも、Windows10でも、確認でき、
更に、GPUが搭載された64bitPCでも発生するし、
GPUが存在しない32bitPCでも発生しました。

比較的には、GPUが搭載されたハイエンドPCほど、
この負荷が大きいようです。


そもそも、Mediaplayerを扱うこと自体が危険なのかもしれません。


このことは、今後の自分のために書いておきます。
もし実装するなら、
瞬時でもいいから、最初にMCIデバイスを開いておくことが大事なようです。