としはとはとしはとはし

01-02,2014


. . . ,,,,+.,+x.+..x+.*◆
    . . . ,,,,+.,+x.+..x+.*◆


 . . .   ,,,,+.,+x.+..x+.*◆

         . . . ,,,,+.,+x.+..x+.*◆
. . . ,,,,+.,+x.+..x+.*◆


わああああああああああああああああああああああああああああああああああ

つねさんがブロマガを投稿していたよ

01-01,2014

 つねさんがブロマガを投稿していましたので、紹介致します。
 →http://ch.nicovideo.jp/tune/blomaga/ar426664

 そこに返事を書こうとしたのですが、長くなってしまったので、ここに書きます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 私はこのブログに反論をしてみようと思います!!
 しかしtune叩きをするつもりではないので、許してください!


 AMクイズ大会は、勝利を目指すという純粋な目標もありますが、
それでは知識の豊富なプレーヤーの独占になります。

 そこで昨今はチーム戦に重きをおき、チームの連携がうまく機能したプレーヤーが上位に辿り着き易くなっています。
 それは偶然性による連携が大きいでしょうが、連携を意識したジョブ選び・チーム選びの時点が、最も大きく意図が働きやすくなっています。
 純粋なトップを狙いたいなら、チーム支援を受けやすい立ち回りを模索すると良いと思います。

 しかし、そういうのには興味がないという人もいるでしょう。
 そういう人は、暗黒を選んだり、敢えてロボを選んだり、数やジョブではなく"好み"でチームを選んだりして、つまり戦略よりも成りきり重視の、孤高の立ち回りを取ると思います。
 つねさんもそうでしょうが、私もそういうタイプです。

 そういうタイプの真の勝利は、きっと点数ではなく、クイズ大会全体を通す中での、ドラマに現れるものだと思います。
 ジョブの印象を引き出したセンスあるコメント、面白いユニークなコメント、そういったものがグラフや、技の発動タイミングなどとも重なると、たいへん面白い印象的なプレーヤーになります。

 点数が低くても、コメントが愚痴になっていても、みんながそのプレーヤーに愛着を持つようなプレーができるプレーヤーは、一番の有能者でしょう。

 例えば、今回なら、「バリアつまんねーよ」というコメントは、みんなをしらけさせるだけですが、
同じ意味でも、「バリアを当てにするな、そんなものは掛けられても、ひきちぎれ!!」というyaulさんのコメントは、ちょっと笑ってしまって面白かったですよね。
 コメント一つで、言っている内容は同じでも、みんなの気分も180度変わります。

 そして、そんなプレーヤーは大抵、点数は低くなりがちになりますが、時々チームからの支援や、偶然の技の重なりによって、時折上位にきたりすると、物凄く白熱します。

 そうやって、みんなを楽しませる状況作り、そのプレーヤーの動向が、トッププレーヤーよりも気になるような人気者になることが、そういうプレーヤーの真の勝利だと、私はクイズ大会を進めながら毎年考えています。

 そして、特にそういう才能が高いだろうと私が思っている人に、固有グラフィックを用意しています。
そういう参加の仕方ができる人は限られていて、そういう人にいつも助けられています。ありがとうございます。

 そういった意味で、今回のつねさんのプレーは、もちろん点数にも届いていないし、特に印象も強くなかったので、残念だなーと思っていたのですが、昼に起きたら、このブロマガの投稿によって、また違った意味でAMクイズ大会を盛り上げてくれているので、きたぞー!!!!と思いました。良かったです。ありがとうございます。


 しかしこのことは、
 クイズ大会中に、そういった爆発が表現できるような手段を用意していなかった、私のミスでもあります。

 私はあまりにエオルゼアのPvPでの黒魔導師が不遇で、皆から勘違いされており、しかしその黒たちがもうあきらめてしまっていて声を上げていない状況がどうしても見ていられず、そのことで頭が一杯で、今回クイズ大会の準備が遅れて、いろいろと頭が回らなかったのです。申し訳ありません。

 来年こそは、暗黒には、

「自爆とコメントすると、
 自らの点数を0にして、上位陣を爆殺する」


……というような魂の怒りを表現できるような技を、ちゃんと準備しておきます!!!


追伸
 つねさんのデータ
   正答数 80人中40位
   (これは正答率ではなく、正解数ですので、純粋な正解した回数の順位です)
 つねさんの解答速度
   平均13.8秒 80人中49位

 早い解答に倣うのは今回に始まったことではありません。
 しかし、倣うだけでは、ちゃんと上位陣には勝てなくなっていると思います。
 解答速度が速い上に正解数が多い人というのはちゃんといて、その人達の大半が上位陣です。
 また、倣うことは、正答率が低くて勝てない人が、それによって経験値を貯め、パーティーに貢献したり、自分なりの技の使いどころを模索するための、限られた手法の一つであり、特に注視すべき点ではないと思われます。
 それを見越して、敢えて間違った答えをいち早く解答し続けた最速解答速度ランク1位のosrppnさんという人もいました笑。

追伸2
 AMクイズの過去問題が豊富なのは、12年前からの通例行事です。
 ですので、基本は古参プレイヤーが有利です。
 しかし毎年追ってみていると、意外に古参ユーザーが弱い印象を私は持っています。
 たぶん、古参プレーヤーほどある意味で器が大きくなり、点数勝利とはまた違った勝利を模索するからだと希望的に思っています。

追伸3
 送られてきた問題は、全員採用しています。採用されなかった人は届いていないか、迷惑メール扱いで、私が見られていなかったのかもしれません。これも、あまりにPvpのことが気になって、そのことに気付けなかった私のミスです。申し訳ありません。

追伸4
 私は、黒の身で、pvpのシステムがおかしい!!、と声にすることを、ここに辞めることを宣言します!!
 どんな状況でも勝ってやる……、そんな黒になり、そして勝ってやろうと今決めました。

追伸5
 いまから初詣いきます

あけました

01-01,2014

いまは

2014ねんです