しはきしはきしはき

03-28,2018

シーツリーのデスのクエストは
ストーリーボードにしるすべき





re

03-26,2018


山あり谷あり

すてるかみあらばひろうかみあり

人間万事塞翁が馬


中学校の時、山田君という、成績の悪い子がいた。
小学生の時に万引きをしたせいで、同級生からの評判も悪く、
山田くんとは遊ばないほうがいいよ、と友達も言っていた。

しかし、僕はよく山田君と一緒に下校することがおおかった。

山田君は、悪いことを時々してしまうが、
へんな言い方だけど、中身が空っぽの木みたいな、ドライな無垢さがあって、
その雰囲気が好きだった。
あと、時々見せる、どこか危うげさも見え隠れする、幸薄そうな笑顔も好きだった。

ぼくと山田君には、ほとんど共通点などなかった。
趣味も違っていただろうし、人間関係もまったく違っていた。
ただ、時々一緒に下校するだけの仲のような感じだった。

ある日、一緒に下校中、ぼくが、その日あった嫌な出来事をため息まじりに漏らしていると、
山田君は、「かーくん、そんなの気にしなくていいよ。いいこともあるよ」と言ってくれた。
それを受けて僕は、「そうだね。嫌なこともあるだろうけど、いいこともあるよね」みたいなことを言った。
すると、山田君は、「かーくん、それをことわざでなんて言うか知ってるかい?」と言った。
「え?」と僕。
山田君はどこか得意げに、「いいかい、かーくん。人間万事、塞翁が馬だよ」と言ったのだった。
そう言えば、最近の国語の授業で、そのことわざを習ったばかりのような気がした。
その授業のことを、山田君は覚えていて、早速つかってみたのかもしれない。
でも、僕はその時、山田君がますます好きになった。
同級生は山田くんをよく馬鹿にしていたが、山田君はこんなに賢い、そのことをみんなは知らないで、一偏等に山田君を悪く評価してしまっているんだ、と僕は思ったものだ。

中学を卒業してしまうと、
山田君とは全く会わなくなってしまった。

次に会ったのは、高校生の最初の夏だったと思う。
お祭りの日に偶然会った山田君は、不良のチンピラが着るような格好をしていて、髪もてかてかと光る不良のような髪型だった。

ほんの少し話をすると、
山田君は、高校には行っておらず、無免許でトラックを運転して捕まったり、彼女がいたり、というようなことを話した。
それは、ものすごく大人のような話に聞こえ、まるで別世界の人間のように僕には映った。

ということを、今、ふと思い出しました。

山田君は今どうなっているだろう。生きているだろうか。
僕は今、生きている。
今の山田君も、今の僕も、これからどうなるか、誰にも全く分からない。
人間万事、塞翁が馬だ。


しはきしはとし

03-23,2018

タージまさるさんの実況プレイ動画が消えてしまっていた!!!!!!!!!!

うわああああああああああああ!!!!

最近のverup作業のオリエンタルな追い風だったのに!!!


あががあああがが゛が゛ががあが
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああだれかああああああああああああ



これはもう、
インドおしゃれセットを実装するしかないのか・・・


a

03-23,2018


3月になっていました。

そして、あっという間に4月になってしまいそうです。

脳が1秒を0.2秒くらいに感じているので、どうにかしてください



cxcvxcvxvasasfasZX xzcZADX vxcvcv cxzvccxzxzccxsaXAXXZ

03-19,2018


なにをどうすればどうなるのか!?

なにをなにがなにを!?

なー!