ひだまり定食

08-10,2019

先週、久しぶりに熱波へ行きました。
あついサウナに入れば、喘息の治療に良いかも知れない、あるいは湯治の効果もあるかも!
そんな期待を込めていきました。

そして熱波を終えた後、
いつものように併設されているひだまり食堂へ行こうと・・・
は・・・
そうか・・・
ひだまり食堂はもうなくなってしまったんだった・・・。

ひだまり食堂は、西新井熱波同好会の戦士たちが、
長年愛し続けた食堂でした。

スパ内にあるおかげか、
手頃な値段でちょっとした豪華な雰囲気のある食事を作ってもらえていました。
いや、メニュー自体はさほど豪華でもなく普通のものかもしれませんが、

素材の良さが出る上品な調理や味付け、
温浴施設の食堂とは思えないセンスのあふれる盛り付け、
そんな、各所に料理を作っている人のレベルの高さが垣間見える食堂でした。

また、ホールを仕切っていた、オールバックのダンディな容姿のおじさまウェイターも大好きでした。
手抜かりのない完璧な接客。

数年前の年越し熱波の際、ラストオーダーをギリギリ過ぎて入館した私が、
皆と合流して、「ああっ、もうラストオーダーなのかー」と残念がっていると、
ダンディな彼がすっと現れ、
「ざるそばくらいなら、すぐに用意できますよ」と一言。
惚れるーーーーーー。

そして何より、毎週のように皆と熱波を終えては、そのひだまりに直行し、
いくらサーモン丼やら、ひだまり御膳やら、ほっけ定食やら、ビリ辛カレーつけ麺やら、
もうよだれ出るで!!!!

翠のエメラルドさんがきた時には、毎回きゅうりの一本漬けを注文。
ある夏の昼下がり、エメたんが、あんみつを注文すると、
赤い金魚が描かれた川の水面を模した模様の素敵なお皿に、
あんみつが盛られていて、風情も抜群。
そんなお皿一つとっても、繊細さが感じられました。

季節の節目では、季節折々の料理メニューがあったのも楽しみでした。

春は桜餅やたけのこのある桜御膳、
夏は豪華なうな重、
秋はさんま御膳、まつたけ御膳、
冬は三が日だけの金粉入り正月御膳。
一介の食堂が振る舞うメニューを超えている!

ポーンさんが、さんま御膳を、
あまりの美味しさからか、
頭から骨から全部食べたということもありました。

ふみあきさんが、
海鮮丼についているあおさのお味噌汁から、
ワカメだけを取り分けていたり。

ふみあきさんの元上司の人と一緒にごはんを食べたり。

そして、皆と様々なお酒を酌み交わし合い、
アルバイトの店員さんとも顔見知りになったり。


ある夏は、重本さん主催の怪談イベントが開かれ、
その時、強面の人が語り手として現れ、怪談をしてくれたのですが、
終わったあとで、その人が料理長だと聞かされたことも。


などなど、思い出がつきません。


そんな、西新井The SPAのひだまり食堂が消えてしまったことに、
大変な喪失感を覚えました。

そしてその日、
はじめて、ひだまりの後継として開店した食堂『えびす』に入ってみました。


メニューは似ているようで、やはり違っていました。
ひだまり御膳はもちろんなくなっていて、
えびす御膳があるかなーと期待したのですが、
それもなく、
どこか全体的に、少しだけ小ぶりなお手頃感へとシフトしたような。

いくらサーモン丼がなくなっていたので、
代わりに、ねぎとろサーモン丼を注文。

海鮮系にとしては、ごはんが少し熱かったりしたのが気になりましたが、
味は美味しかったです。

店員のおばさんがお皿を下げにきた時に、
「あのー、ひだまりの頃と、料理のシェフとかは変わったんですか?」
と、質問してみると、

「ひだまりを経営していた会社自体が、契約を終わらせて、
 全然別の会社が入ってきたので、料理長も変わっていますよ」
と答えてくれました。

「そうなんですか、あ、じゃあ、以前ここのホールを仕切っていた
 ダンディなおじさんみたいな人がいたと思うんですけど、その人は・・・」

「いなくなったと思います。アルバイトの店員だけが残って、あとは全員総入れ替えになったので」

「そうなんですか・・・」

「お客さん、前からよく来られている人ですよね?
 何人かの人たちとよくきていたの、覚えていますよ」
と店員さん。

私には覚えの無い人でしたが、以前からいた人のようでした。


そのあと、ネットで、ひだまりを運営していた会社が、
なんという会社なのか、とか、
どこか他の場所で別店舗とかで出していないだろうか、とか、
色々探したのですが、全然出てきませんでした。
出てくるのは、私たちのツイートばかり・・・。

帰り、傷心だったせいか、
100円でできるガムのゲームをしましたが、
調子がわるくて、1個しか手に入りませんでした。


でも熱波が効いたのか、
あれからあまり咳がでなくなりました。

ひだまりに代わって、
今度はこのえびすで、またいろんな思い出ができたらいいな、と思いました。